亡くなり後の手続きをスムーズに

税制面でも遺産分割されて無いとデメリットがおこり得ます。お気をつけください。

基礎控除額が下がってしまった今、
遺産分割が出来ないとデメリットが大きくなる可能性があります。

“亡くなり後の手続きをスムーズに”の詳細は »

相続の手続きの期限と税金のこと

遺産分割協議がととのわず財産が未分割の場合でも、相続税の申告自体は行う必要があります

相続の各種手続きはそれぞれ期限が決められています。
①相続放棄は3か月
②準確定申告の期限は4か月
③相続税の申告は10か月
“相続の手続きの期限と税金のこと”の詳細は »

相続の手続きを済ませないとこうなってしまう

相続手続を済ませないと、どんなことが起こるのでしょう。知っておけば怖くありません。

相続手続を済ませないと、どんなことが起こるのでしょう。
①「土地(や建物などの不動産)を売却したい!」と思っても、
相続不動産を相続人への名義変更が終わるまで売却できません。
“相続の手続きを済ませないとこうなってしまう”の詳細は »

贈与と相続どちらが得かは価値観を踏まえて判断する

税制面で考えると一般的には贈与でもらうより相続で貰ったほうが得ということになります

将来の相続税のことを心配して、自分の子供や配偶者へまた、孫へ少しでもお金を残してあげたい…と思うがあまりせいぜい贈与を行っている人も多いのではないでしょうか?

しかし相続税の軽減にも役立たず、実は贈与したほうが損してしまった・・・・・・・などということにもなりかねないケースが実際にはあるのです。
“贈与と相続どちらが得かは価値観を踏まえて判断する”の詳細は »

相続の手続きでもめやすいのが寄与分と特別受益

資金援助を受けた人はその分が法定相続分より差し引かれることになります。その受けた援助額のことを「特別受益」と呼びます。

亡くなった人の事業を手伝ったり、経済的な援助をしたり
病気の看護をしたり・・・・貢献の度合いに応じて法定相続分とは別に貰える財産わけを「寄与分」といいます。

“相続の手続きでもめやすいのが寄与分と特別受益”の詳細は »

相続はお金持ちだけと考えるとやけどする

問題になりえるのは「不動産」「多額の生前贈与」などでそのほかにも「特別受益」などがあげられます。

「うちはお金もないから相続には関係ないわ。」という人も少なく
ありません。しかし、本当にそうなのでしょうか?
“相続はお金持ちだけと考えるとやけどする”の詳細は »

内縁の妻、非嫡子等の相続の決まり

籍を入れない夫婦も増え、国民の意識も変化してきたことから法にしばられるのは不平等だという声が高まっているのもうなづけます。

民法第900条  法定相続分
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の
定めるところによる。
“内縁の妻、非嫡子等の相続の決まり”の詳細は »

相続人の廃除は簡単ではないが知っておけ

相続人の廃除が認められれば、たとえ法定相続人であっても、遺産を承継することはできません。

相続人の廃除は、遺言によっても行うことができます。
この場合は、遺言の効力が生じた後に遺言執行者が、
廃除の請求を家庭裁判所に申し立てることになります。
相続人の廃除が認められれば、たとえ法定相続人であっても、遺産を承継することはできません。
“相続人の廃除は簡単ではないが知っておけ”の詳細は »

相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ

連帯保証人のような保証債務は、法定相続の割合に従い振り分けられますよ

まず覚えてほしいのは「連帯保証人とは債務者本人と全く同じである」ということです。確かに「保証人」には、まずは債務者に請求するべきと求める権利(催告の抗弁権)、債務者の財産を処分しろと求める権利(検索の抗弁権)が認められております。
“相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ”の詳細は »

代襲で相続をする権利を得る立場にある人

親が相続放棄した場合は、代襲相続できませんよ。なぜなら相続するものがそもそもないからですね。

代襲相続とは、子供、兄弟姉妹が相続人となり、
その者が相続開始以前に亡くなっていたりした場合に、
その子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことで、代襲される者を「被代襲者」、
代襲する者を「代襲者」といいます。
“代襲で相続をする権利を得る立場にある人”の詳細は »

« 過去の記事