カテゴリー: 放棄という手続について

相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ

連帯保証人のような保証債務は、法定相続の割合に従い振り分けられますよ

まず覚えてほしいのは「連帯保証人とは債務者本人と全く同じである」ということです。確かに「保証人」には、まずは債務者に請求するべきと求める権利(催告の抗弁権)、債務者の財産を処分しろと求める権利(検索の抗弁権)が認められております。
“相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ”の詳細は »

正しい相続のために 理屈を入手しておきます

相続放棄を必ず取り消したいと思う本人が家庭裁判所へ申し出て申告しなくてはいけません。

相続放棄等の申告が家庭裁判所によって受理されてしまいますと、原則は取り消しが不可能となります。
ただし、相続人の放棄理由が不当であると思われる場合は例外として取り消しヲすることができます。
その不当な理由とは以下の通りです。
“正しい相続のために 理屈を入手しておきます”の詳細は »