正しい相続のために 理屈を入手しておきます

相続放棄等の申告が家庭裁判所によって受理されてしまいますと、原則は取り消しが不可能となります。
ただし、相続人の放棄理由が不当であると思われる場合は例外として取り消しヲすることができます。
その不当な理由とは以下の通りです。
・だまされた、無理やり
・脅されて放棄した
法定代理人の同意なく未成年者が保護されなかった
などの理由であれば本人を保護するためにも例外として

放棄の取り消しは可能です。
だまされたことで取り消しを求める場合にはだまされたことが分かったときから半年(6か月)以内にまた相続放棄のときから10年以内に申し立てを行います。

これ以上の月日が経ってしまうと時効となるわけです。
必ず取り消したいと思う本人が家庭裁判所へ申し出て申告しなくてはいけません。
家庭裁判所の申述意外は無効となります。家庭裁判所はその内容をチェックし、本人の意思であるか、取り消し原因の事実や本人の意思確認、などを経て受理を検討することになります。

これが有効に処理されれば放棄の取り消しが成立し、
その後は遺産の分割を請求したりできますし不利になる場合は限定承認を行うこともできるようになります。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む