亡くなり後の手続きをスムーズに

基礎控除額が下がってしまった今、
遺産分割が出来ないとデメリットが大きくなる可能性があります。

財産の承継手続きで余計な負担を相続人にかけないようにするためにも、
遺言を作成しておくと相続人は安心するかもしれません。

突然お身内の方が亡くなるというのは本当につらいものです。
そんな中でも相続の手続きは進めていかなければなりません。

相続人が多数にのぼる場合には尚大変です。
相続人全員で、誰がどの財産を相続するかを話し合い、
協議をまとめる必要があります。

しかし、有効な遺言が残されている場合には事情は異なります。
協議をしなくてもさまざまな手続きを進めて行く事が出来ます。

公正証書遺言なら尚良いです。
自筆証書遺言でも良いのですが、
公正証書遺言の場合、検認という家庭裁判所の手続きを踏む必要がなくなります。

自分のさまざまな事情を勘案し、
大切な人のことを考えておいたほうが絶対に良い場合があります。
相続のことでご不安があればご相談ください。

«
 

トラックバックURL