共同で相続人となるということは協議が必要だ

遺贈と相続の違いについて聞かれることがありますが、被相続人が遺言で財産を無償で譲渡することを遺贈といいますよ

遺産の分割はよい部分があれば引き継ぐ方が徳であると思うでしょう。しかし分割の際に取り分の財産に財産に欠点があった場合は、分割が不公平であったことになり、この場合は他の相続人とその相続分に応じて、互いにこれを担保し合うことで清算することになります。
“共同で相続人となるということは協議が必要だ”の詳細は »

裁判の相続するということがあり得ます

故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されますので相続しますよ

裁判の途中で原告や被告が死亡した場合、その地位は相続人が受け継ぐこととなります。故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されます。
“裁判の相続するということがあり得ます”の詳細は »

正しい相続のために 理屈を入手しておきます

相続放棄を必ず取り消したいと思う本人が家庭裁判所へ申し出て申告しなくてはいけません。

相続放棄等の申告が家庭裁判所によって受理されてしまいますと、原則は取り消しが不可能となります。
ただし、相続人の放棄理由が不当であると思われる場合は例外として取り消しヲすることができます。
その不当な理由とは以下の通りです。
“正しい相続のために 理屈を入手しておきます”の詳細は »

最新の記事 »