代襲で相続をする権利を得る立場にある人

代襲相続とは、子供、兄弟姉妹が相続人となり、
その者が相続開始以前に亡くなっていたりした場合に、
その子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことで、代襲される者を「被代襲者」、
代襲する者を「代襲者」といいます。
代襲相続する場合

◎本来相続人となるはずだった者が相続開始以前に
死亡していた場合(被相続人と同時死亡を含む)
◎推定相続人の廃除された子供
◎相続欠格事由に該当された子供
代襲相続しない場合

親が相続放棄した場合は、代襲相続できません。
代襲相続する権利は、被相続人の子供の場合は、
「孫・曾孫・・・」と、続くこととなります。
一方、兄弟姉妹の場合は、一代限り、被相続人から見れば、
「甥・姪」までしか代襲相続しません。
◎養子縁組前に生まれた養子の子・・・「代襲相続しない」
◎養子縁組後に生まれた養子の子・・・「代襲相続する」

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む