内縁の妻、非嫡子等の相続の決まり

民法第900条  法定相続分
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の
定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。
遺言が「内縁の妻に遺産をすべて委ねる」という内容だったとしても、そのまますべてが有効になるわけではありません。
相続人が主張すれば、遺産分割協議を経て、法定相続分の半分を得ることもできるのです。例えば、前妻の子のひとりが遺留分を主張すれば、内縁は法定権利の半分、8分の1となってしまいます。さらに他にも非嫡子がおり未成年の場合、当然、親権者である
親が法定代理人となるため、分割協議にはいった場合は、弁護士を立てたとしても、話し合いをもつ必要があります。

非嫡出子(婚外子)の場合の戸籍の届出・手続きについて次に見ていくことにしましょう。非嫡出子については、
非嫡出子(嫡出でない子)とは、結婚をしていない男女の間に生まれた子のことです。

川崎区の相続手続き支援センターは相談が無料だ
日本の法律では、婚姻届を出さない限り、法律上結婚をしたことにはなりません。
反面、籍を入れない夫婦も増え、国民の意識も変化してきたことから法にしばられるのは不平等だという声が高まっているのもうなづけます。今後、相続の時に大きな影響がでることも考えられます。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む