相続の手続きでもめやすいのが寄与分と特別受益

亡くなった人の事業を手伝ったり、経済的な援助をしたり
病気の看護をしたり・・・・貢献の度合いに応じて法定相続分とは別に貰える財産わけを「寄与分」といいます。
寄与分が認められた法定相続人はその分を確保することが可能です。
そして寄与分を差し引いた相続財産を分けることになります。
法定相続人で無い人には寄与分は認められません。
ですのでお嫁さんなどは介護に貢献しても寄与分は認められていません。
寄与分としてどれくらいの金額が貰えるかということは
法定相続人の合意によります。
決まらないときには家庭裁判所に決定してもらわねばなりません。
もめることを防ぐには遺言してもらうほうがいいです。

★特別受益とは
亡くなった人から学費や結婚資金、生活のための多額の
資金援助を受けた人はその分が法定相続分より差し引かれることになります。その受けた援助額のことを「特別受益」と呼びます。
特別受益に該当する相続人がいる場合は、特別受益を
加えたものを相続財産とみなします。そして法定相続分で
わけた後に財産を受け取った法定相続人の人からその
相続分より差引を行います。
生前に贈与された財産は寄与があったときではなく、相続が
あった時の評価になります。
贈与を受けた財産を売ったり使ったりしてしまっていても
そのことは無かったkととして計算しますので、一番の
相続税対策は使ってしまうこと、などと言われています。
実際には贈与の受けたときや人を後から分析するのは
難しいので、生前贈与がすべて特別受益にあたるかというのは
判断がつきにくいことがあります。

遺産分割協議書を相続人の意向によってよく考える相続手続支援センターです。
各種事情を踏まえて相続分を話し合う事が大事だとプロも言います。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む