贈与と相続どちらが得かは価値観を踏まえて判断する

将来の相続税のことを心配して、自分の子供や配偶者へまた、孫へ少しでもお金を残してあげたい…と思うがあまりせいぜい贈与を行っている人も多いのではないでしょうか?

しかし相続税の軽減にも役立たず、実は贈与したほうが損してしまった・・・・・・・などということにもなりかねないケースが実際にはあるのです。

それでは相続でもらうのと贈与で貰うのはどちらが得なのでしょうか?
相続税の計算は
基礎控除がありますので5000万+1000万×法定相続人数の計算でいけば相続税がかかりません。

申告の必要もありません。
しかし、贈与税の基礎控除額は1年間で110万で、
これを越してしまえば贈与税がかかります。
同じ金額であっても相続でもらうより贈与でもらったほうが金額が高くなります。これは税率の違いがあり、贈与税のほうが税率が高く設定されているせいです。

税制面で考えると一般的には贈与でもらうより相続で貰ったほうが得ということになりますね。さらに相続税がかかる人は全体の何パーセントにすぎません。余程の資産を残すのでなければ相続で引き継ぐのが有効ですが相続税がかかってしまうほどの財産を残している場合は贈与のほうが有効に働きます。相続税がかかるのは全体の4パーセント程度ですが今後かかりそうである、かかってしまうと言う人は生前贈与を活用するといいでしょう。基礎控除の範囲内である、またはその範囲を超えた額で少しずつ贈与をしていくことで贈与税の特例を利用することもできます。贈与は必要とする人が必要とする時期に必要な金額でもらうことができるのが利点です。

わからないことを相談したければ、次のセンターで相談できます
川崎市役所通りにある、相続手続支援センター、実績が3万件以上ですよ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む