タグ: 帰属

相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ

連帯保証人のような保証債務は、法定相続の割合に従い振り分けられますよ

まず覚えてほしいのは「連帯保証人とは債務者本人と全く同じである」ということです。確かに「保証人」には、まずは債務者に請求するべきと求める権利(催告の抗弁権)、債務者の財産を処分しろと求める権利(検索の抗弁権)が認められております。
“相続で連帯保証はどうなるかは切実な問題だ”の詳細は »