タグ: 計算

相続の手続きでもめやすいのが寄与分と特別受益

資金援助を受けた人はその分が法定相続分より差し引かれることになります。その受けた援助額のことを「特別受益」と呼びます。

亡くなった人の事業を手伝ったり、経済的な援助をしたり
病気の看護をしたり・・・・貢献の度合いに応じて法定相続分とは別に貰える財産わけを「寄与分」といいます。

“相続の手続きでもめやすいのが寄与分と特別受益”の詳細は »