相続の手続きの期限と税金のこと

相続の各種手続きはそれぞれ期限が決められています。
①相続放棄は3か月
②準確定申告の期限は4か月
③相続税の申告は10か月
それでは、それぞれ詳しく見ていきます。

①相続とは、財産、借金とも引き継ぐものですが、財産よりも借金が多い場合は、「相続放棄」をしたり、相続財産の範囲に限って借金を引き継ぐ「限定承認」をすることが可能です。
この相続放棄や限定承認のためには、相続が発生したことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申立しなくてはなりません。
②故人が所得を得ていた場合、死亡年の1月1日から死亡日までの「準確定申告」を相続人が代わりにすることになります。

③また、相続税の申告も、10か月以内と決められています。
よく、「10か月を過ぎちゃったらどうなるの?」という質問をいただきますが、
相続税に重いペナルティが上乗せされます。
そして、相続税を減らせる、「小規模宅地等の評価減の特例」が受けられなくなってしまいます。

 ちなみに、申告期限は延長できません。
「じゃあ、分割内容が決まっていないのにどうすればいいのよ!」
という声が聞こえてきそうですが、もしも遺産分割協議がととのわず財産が未分割の場合でも、相続税の申告自体は行う必要があります。
この場合は、仮の申告書を提出します。
仮の申告書では、相続人が被相続人の財産を法定相続分どおりに取得したものと仮定して税金の金額を計算し、納税も行います。

その後、遺産分割協議が成立したときに、当初の申告を正す必要があれば、その手続き(修正申告、更正の請求など)を行います。

川崎で相続税の相談家が開業した
相続税がゼロになる場合でも、申告書の提出は必要ですので、気を付けましょう!
xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む